MainImage

日帰り手術の実績

日帰り手術実績 18,886

すべての症例をおだ院長が執刀しています。(平成19年10月〜平成30年5月)

 

 理事長・院長 医学博士 小田 斉(昭和58年九州大学医学部卒)

 

当院では両わきから3mmの細径胸腔鏡による手掌多汗症の日帰り手術を行っています。

まずは手の汗の悩みを親身になってしっかりとお聞きしします。

 

2017年4月に多汗症の国際学会である第12回国際交感神経外科シンポジウム(The 12th ISSS)をおだ院長が会長として福岡で主催しました。詳しくはThe 12th ISSSをご覧ください。

2018年6月に日帰り手術をメインテーマとする第14回日本短期滞在外科手術研究会を会長として福岡で主催しました。日本短期滞在外科手術研究会のホームページはコチラ

おだクリニックの特徴・強み

ご挨拶

まずは患者様の手汗の悩みをお聞きします。


長い間、手のひらの汗でお悩みであったこととお察し申し上げます。多汗症の悩みはご本人にしかわからない深刻な悩みです。私のこれまでの多汗症に関する手術経験と知識を生かして、まずは外来で患者様の悩みを親身になってお聞きします。それから一番適した治療法を選択していただきたいと思います。
 

当院は日帰り手術を専門とした外科クリニックです。

手汗の多汗症、下肢静脈瘤、胆石症、大人や子供のそけいヘルニアいわゆる脱腸、イボ痔やキレ痔などの肛門疾患を中心に、これまでに日帰り手術18,000例以上の実績があります。当院ではお忙しい方のために、土曜日、日曜日の手術も行っています。また、関東や関西などの遠方からも多くの患者様にお越しいただくため、提携ホテルをご用意するなど、患者様のご負担を軽減できるよう努めています。

わたくしは、日々進歩する外科学,麻酔学を常にいち早く習得する努力を重ねてまいりました。これからもからだに優しい日帰り手術に取り組んでまいります。

 

診察、手術、手術後のフォローまで院長の私とベテランのスタッフが対応いたしますので、安心して当院へご相談ください。

 

これまで、多くの患者様がその日のうちに元気に歩いて帰られ、もう同じ症状で悩まされることのない日常生活を送っておられます。患者様へ質の高い手術をローコストで提供することで高い価値を守り抜くことが当クリニックの使命です。

患者様にはどうぞ安心してご来院いただければ幸いです。

 

医学博士 小田 斉(おだ ひとし)理事長・院長

手掌多汗症について

交感神経が高ぶった状態により、手のひら、わき、足裏に過剰な発汗をきたす疾患です。原因不明とされ、全国で人口の約2%の患者がいるといわれています。
症状は手のひらにじんわりと汗が出る程度からぽたぽたと水滴が落ちてしまう状態まであり、緊張すると症状として現れます。

当院のご紹介

医院名

医療法人斉智会
おだクリニック日帰り手術外科

医学博士 小田 斉(おだ ひとし)理事長・院長


住所

〒810-0011
福岡県福岡市中央区高砂1-8-8
サンクス渡辺通3F、4F


電話番号

092-534-7507

最寄駅

地下鉄渡辺通駅より徒歩4分
西鉄大牟田線薬院駅より徒歩7分
博多駅よりタクシー7分
天神よりタクシー5分


駐車場

当院クリニックビル1階に2台のコインパーキングあり(当院受診の方には1時間分のコインを差し上げます)

診療時間表

 第1,3,5日曜第2,4日曜,祝日
8:30~17:30

午前:手術のみ / 午後:新患外来14:00~
※外来診察は原則として予約制です。